ゆるりとバス釣りブログ 琵琶湖ゴムボートでのバス釣りとシーバス、250TRのブログ

ゆるりとバス釣りブログ 琵琶湖ゴムボートでのバス釣りとシーバス、250TRのブログ

アウトドア&スポーツ ナチュラム

2017/08/06   タックル ショアジギング用リールPENN BATTLE2のインプレと比較。

どうもゆるりです。
前回はダイワ ジグキャスターMXのインプレを書いたので今回はやっぱりセットしてるリールのインプレです。

ゆるりのリールは少しマニアックですが、PENNのBATTLE2 4000。

PENNって聞きなれないメーカーじゃない?
ゆるりはBATTLE2を買うときに初めて知りました。

ひと昔前だとジギングといえばPENNというくらいに有名なメーカーだったそう。

PENN BATTLE4000

PENN BATTLE2はアメリカ製でガッチガッチのリールです。

こちらも1年使ってみての感想です。

なんといっても剛性が素晴らしい。
流石のフルメタルボディで重たいジグをシャクリ続けてもまったく不安を感じない。
ひじょうにガッチリと作られてます。

ジギングほどリールを酷使する釣りはない。
ゆるり的にショアジギリールにもっとも必要な要素が剛性かと思ってます。

PENN BATTLE2の価格帯でこれだけの剛性を持つリールは国産では存在しないかと。
安い国産でおすすめだとこれ。

ダイワのヴァデル4000H。
友人のを使わせて貰ったところ、安いのに十分に使えるリールで巻き感も良好。
剛性とドラグ性能はPENNが圧勝ですが。

ジグキャスターMX96MH&PENN BATTLE2

PENN BATTLE2のドラグは最高性能。
コレ、予想外でした。

今まで使ったどの国産リールよりも優秀。
必要な分だけラインが出て止まる、滑りだしのスムーズさも調整できる範囲も言うことなしです。
キンキンキンって感じのカン高いドラグ音も素敵。

とまぁ、ここまでは良いところ。
安いリールですからね悪いところもやっぱりありますよ。

PENN BATTLE4000 ハンドル

まずはT字ノブのハンドル。
ショアジギするならやはり丸型ノブが理想的じゃないでしょうか。

ebayやヤフオクでPENN BATTLE用のノブは安くで手に入りますが交換が少し大変。
国産リールのようにネジ1つで外れるようにはなってないんですね。
ハンドル交換記事はこちら


次に巻きのフィーリング。
国産リールほどの滑らかな巻き感は期待できないです。
届いた状態での巻き感は特に重たい。
即でメンテナンスが必要です。

グリスを入れなおしてあげると国産リールには及ばないですが巻き感も良くなります。
部品数が少ないのでメンテは誰でもできるレベル。
オーバーフォールの記事はこちら

PENN BATTLE4000 オーバーホール中

そうPENN BATTLE2を買うならメンテナンスは必須ってことです。

ゆるりからするとPENNに限らず普通のことなんですが、
普段オーバーフォールしたことない方は抵抗があるかも。

まぁ、PENNに限らずメンテは重要なのでBATTLE2で練習もありかと思います。

シンプルな作りで部品数も相当少ないので困ることはないはずです。
ちなみにオーバーフォール自分でしだすと愛着も跳ね上がります。

PENN BATTLE4000 ハンドルノブ交換後

それでは生意気にもPENN BATTLE2 4000の総評をいきます。

充分な予算がないならPENN BATTLE2を買うべき!
メンテナンスさえできれば値段以上の性能は間違いなしです。

中途半端な感じの総評ですが、このリールは一長一短があります。
巻きのフィーリングが国産にはかなわないこととメンテナンスが必須なこと。

この2つが気にならない人には剛性とドラグは素晴らしいので価格もふくめて最高のリールになるかと。

ゆるり的には買って満足なリールというか手を加えて愛着が倍増してます。
ドラグも良いですがやはり剛性がすばらしい。

まぁ、本当に壊れないですよ。
普通に10年以上使えるでしょうね。
今のウチにパーツを集めとけば墓場までいけるかも。笑

上記は同じ価格帯で使えるショアジギリール。
ゆるりならヴァデルよりBATTLE2をオススメしますね。

ショアジギングに必要なのはシルキーな巻き感じゃないガンガン使っても気にならないゴリゴリの剛性だ!
ってな方には特にうってつけです。
ただしメンテナンスは必須ですよ。

メンテが面倒とか巻き感はゆずれないって方にはヴァデルがおすすめ。

ヴァデルなら剛性はともかくマグシールドでメンテいらず、巻き感も良いですからね。
安いリールでショアジギするならBATTLE2かヴァデルで決まりかと。

もちろん予算がある方にはこの2機種がおすすめ。

シマノ、ダイワを代表するパワーリール。
文句なくおすすめの2機種です。
性能もさることながらお値段もしっかりとしていますね。
ちなみにゆるりはキャタリナが欲しいです。

この2機種をもってしても剛性とドラグ性能であればPENN BATTLE2の方が上かと。

トータルで考えるとやはりツインパワー、キャタリナにはかないません。
まぁ価格が違いすぎますね。

ショアジギ用の安いリールをお探しならPENN BATTLE2悩む価値ありです。
最後にインプレはゆるりの感想で感じ方は人それぞれです。

–関連記事–
PENN BATTLE2 4000買ってみた
PENN BATTLE2 オーバーホール
PENN BATTLE2 ハンドルノブ交換
13ラテオ100mlインプレ
ジグキャスターMXのインプレ
ファーストキャストFCS-862ELインプレ
ルビアスシリーズのインプレ
DAIWA15レブロスのインプレ
ベアリング交換はミネベアで経済的に頻繁に。
メンテおすすめグリスはスーパールーブ。
メンテにオイルはIOS-01で決まり。

  • アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
楽天市場

Categoryカテゴリ

Archive年別

アウトドア&スポーツ ナチュラム
楽天市場