ゆるりとバス釣りブログ 琵琶湖ゴムボートでのバス釣りとシーバス、250TRのブログ

ゆるりとバス釣りブログ 琵琶湖ゴムボートでのバス釣りとシーバス、250TRのブログ

アウトドア&スポーツ ナチュラム

2018/07/08   タックル 遠矢グレZF120と150、棒ウキの全遊動仕掛けでグレを狙う!

どうもゆるりです。
最近ゆるりの中で最も熱い釣り場は大阪は岬町とっとパークとなっております。

岬町 とっとパーク

そのとっとパークで今ハマってるのがグレ。

30㎝前後の肉付きの良いグレが大量に湧いてる感じですね。

数も多いし、とっとのグレは磯や堤防と比べると、かなり釣りやすい。
味もアミを食ってるので臭みなく美味。

そりゃ、狙うでしょ。笑

とっとパーク グレ

ゆるりはグレでも棒ウキ派です。
沈め釣りやる時は流石に玉ウキですが、それ以外は全遊動でも遠矢ウキを使います。


感度が良すぎてエサトリのアタリまでしっかり拾っちゃいます。笑
感度もさることながら、やっぱり棒ウキの消し込む瞬間がたまらんのです。

遠矢チヌ・SP400-8

神戸住んでる時はあまりグレ狙うこともなかったので、遠矢チヌSP400 4Bの残浮力を調整して使えば不満もなかったんですが、これだけいるとね専用のウキが欲しい。

あ、遠矢チヌSP400 4Bは最高におすすめのウキですよ。

ゆるりはウキ変えただけで釣果が跳ね上がりましたから。
本当おすすめ!

って事で〜。

遠矢グレZF120 遠矢グレZF150

遠矢グレZF150 中 Bと遠矢グレZF120 小 00の2本を買ってみた。


そもそも潮乗りの良さと高感度が売りの遠矢ウキの中でも、超高感度の遠矢グレZFでございます。

これでなくてもできますが、パッケージにも全遊動に対応と明記されてます。

遠矢チヌSP400も超高感度なウキなのに、その上をいく遠矢グレZF楽しみでならない。笑

ゆるり的な2本の使い分け。

遠矢グレZF150

基本的には遠矢グレZF150 中 Bがメインになりそうな予感。


遠矢ウキは表示以上に残浮力を残してあるので、たぶんBでも2Bとか3Bを背負えると予想しての残浮力B。

これ1本で大抵の状況をカバーできるかと。
遠矢チヌSP400もありますしね。

遠矢グレZF120

食い渋り対策に超高感度の遠矢グレZF120 小 00。


ZF150よりもさらに高感度。
安定性や操作性、遠投性は劣るので使いやすい状況も限られるかもって事での2本。

使ってみないことには何も言えないけど、出来ればメインで120を使いたいところ。

とっとパーク グレ チヌ

遠矢グレと銘打ってあるけど、もちろんチヌにも最適。

あとサヨリにもいいんじゃないかと。

渋い時ほど仕掛け変えたり、ウキ変えたりってのが大事ですからね。
ウキのバリエーションも多いに越したことなし。

いやはや、新しいウキも届いたことだし次回のとっとパークが楽しみでならない!

いつ行けるんだろ。。

–関連記事–
ウイリーサビキで釣果が変わる!?
魚影の濃さは関西屈指!とっとパーク
堤防で数釣り最強はチヌ竿でヘチ釣り
根魚と柱をひたすら大漁に釣る方法
宇崎日新の筏用チヌ竿、黒武士のインプレ
ダイワの磯竿、大島1.5号のインプレ
遠矢チヌ・SP400-8
遠矢ウキ300S 1本で4本にも
シマノ スペーザベイシス250
ダイワ クールラインGUX1600
最強の保冷剤!ロゴス氷点下パック

  • アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
楽天市場

Categoryカテゴリ

Archive年別

アウトドア&スポーツ ナチュラム
楽天市場